ホーム > 甘楽町議会 > 議会活動 > 社会産業常任委員会 現地視察(令和5年3月9日午後)

社会産業常任委員会 現地視察(令和5年3月9日午後)

最終更新日:2023年03月24日

地域包括支援センター、病児・病後児保育室を視察しました。

◎甘楽町地域包括支援センター(にこにこ甘楽) 
 地域包括支援センターの認知症総合支援事業について、担当職員から説明を受けました。
 軽度認知障害の人に改善効果が認められる「コグニサイズ」や、声で判定する新しい認知機能チェックツール「ONSEI」などを積極的に取り入れ、早期の認知症予防や発見に取り組んでいる様子がよくわかりました。
 また、月1回開催されている「オレンジカフェ」では、認知症や介護について相談ができ、認知症について学べるということですので、認知症について心配や不安を抱えている方はぜひ利用していただきたいです。
 
 shakaisanngyonikoniko.JPG

   

 
 
   

                              

◎かんらまち病児・病後児保育室
 令和5年4月から開始される病児・病後児保育室(かんら保育園敷地内)を視察しました。
 1日につき最大4名(2症例まで)の児童が預かれるよう個別の部屋が設置され、病気または病気の回復期のお子さんが安心して快適に過ごせるよう工夫されていました。
 今後、保護者の子育てと就労の両立の支援につながることを大いに期待します。

 nikoniko
    

   

    

   

       

このページへのお問い合わせ

議会事務局
住所:〒370-2292 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡161-1
電話:0274-74-3022
ファクス:0274-74-5813

このページに対する皆さんの声を聞かせてください。

情報は役に立ちましたか?

その他ご意見があればお願いします。なお、回答が必要なご意見や事業の内容についてのお問い合わせは、
上の「メールで問い合わせ」からお問い合わせください。