ホーム > 町長の部屋 > 町長の活動リポート > 平成30年8月19日(日) 宝生流「かんら薪能」

平成30年8月19日(日) 宝生流「かんら薪能」

最終更新日:2018年08月20日

行事名:宝生流「かんら薪能」
場 所:国指定名勝「楽山園」

 今年で20回目となる宝生流「かんら薪能」が、織田家の大名庭園である国指定名勝「楽山園」の特設舞台で開催されました。
 開場となり夕日が沈み、約500の観客席は満席となりました。茂原町長は、開演にあたり甘楽町を代表し歓迎の挨拶を行いました。
 庭園から南に見える借景は徐々に闇に消え、舞台では能楽師の宝生和英氏や辰巳満次郎氏、狂言師の野村萬斎氏が次々に登場、幻想的な日本の伝統芸能が披露されました。今宵は遠い昔に遡り、「時」を共有できました。

開場となり満席の観客席

開場となり満席の観客席

来場者を歓迎する茂原町長

来場者を歓迎する茂原町長

「雷」

「雷」

「羽衣」

「羽衣」

このページへのお問い合わせ

総務課 秘書係
住所:〒370-2292 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡161-1
電話:0274-74-3131
ファクス:0274-74-5813

このページに対する皆さんの声を聞かせてください。

情報は役に立ちましたか?

その他ご意見があればお願いします。なお、回答が必要なご意見や事業の内容についてのお問い合わせは、
上の「メールで問い合わせ」からお問い合わせください。