ホーム > 町長の部屋 > 町長の活動リポート > 平成28年3月6日(日) 将軍家献上寒中挽抜蕎麦奉納そば祭り  

平成28年3月6日(日) 将軍家献上寒中挽抜蕎麦奉納そば祭り  

最終更新日:2016年03月07日

400年の時を経て甦った蕎麦道中

稲含神社の神主を先頭にお練り

稲含神社の神主を先頭にお練り

大切な献上蕎麦を運びます

大切な献上蕎麦を運びます

実行委員長(右)から茂原町長に献上蕎麦が届けられました

実行委員長(右)から茂原町長に献上蕎麦が届けられました

献上蕎麦を来園者にも味わっていただきました

献上蕎麦を来園者にも味わっていただきました

行事名:将軍家献上寒中挽抜蕎麦奉納そば祭り 
場 所:国指定名勝 楽山園

 小幡藩立藩400年と秋畑那須地区の「ちぃじがき蕎麦の里入門講座」20周年を記念して、同地区と合同の記念式典が開催されました。

  小幡藩は江戸時代、徳川将軍家への時献上(時献上。四季折々の献上品)として『寒中挽抜蕎麦』があったことから、新たな町の特産品にするため、昨年8月から同地区の専用畑で大切に献上用の蕎麦を育ててきました。
 昨年暮れに収穫し、寒中にさらし、おいしい献上蕎麦が完成。稲含神社の神主、那須の獅子舞(県指定文化財)、蕎麦の里オーナーの方々が蕎麦道中で楽山園に運び、茂原町長へと届けました。

 茂原町長は「この寒中挽抜蕎麦が日本中に届くように、那須ちぃじがき蕎麦が日本一の蕎麦だと言われるように目指していきたい。今後も楽山園や町の文化を活かして、皆さんと一緒にまちづくりを進めていきたい」とあいさつしました。

 初めてのイベントが無事に成功したことに、秋畑那須地区の皆さん、蕎麦の里オーナーの皆さん、ご協力いただいた皆さんに厚く御礼申し上げます。

 

 

このページへのお問い合わせ

総務課 秘書係
住所:〒370-2292 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡161-1
電話:0274-74-3131
ファクス:0274-74-5813

このページに対する皆さんの声を聞かせてください。

情報は役に立ちましたか?

その他ご意見があればお願いします。なお、回答が必要なご意見や事業の内容についてのお問い合わせは、
上の「メールで問い合わせ」からお問い合わせください。