ホーム > 町長の部屋 > 町長の活動リポート > 平成28年2月21日(日) 森山農林水産相が来町

平成28年2月21日(日) 森山農林水産相が来町

最終更新日:2016年02月22日

農水相と若手農業者が意見交換

板こんにゃく作りを視察する森山農水相(中央) 右隣は尾身朝子衆院議員

板こんにゃく作りを視察する森山農水相(中央) 右隣は尾身朝子衆院議員

森山農水相のあいさつに耳を傾ける若手農業者

森山農水相のあいさつに耳を傾ける若手農業者

行事名: 森山裕農林水産相が来町、町長・農業者らと意見交換
場 所: ふるさと伝習館(長岡今朝吉記念ギャラリー)

 森山裕農林水産相が21日(日)、甘楽町を訪れ、茂原町長や若手農業者と1時間余りにわたって意見交換しました。

 甘楽町は早くから有機農業に取り組んでおり、近年では自然塾寺子屋(矢島亮一理事長)を拠点としてJICA(国際協力機構)と連携した農業研修も盛んです。海外から戻ったJICA卒業生らも甘楽富岡地区で新規就農しており、こうした農業振興策の取り組みが農業行政関係者の目にとまったものです。

 ふるさと伝習館に到着した森山農水相は始めに、秋畑の田村さんと浅香さんがこんにゃく芋から板こんにゃくを手作りする作業を見学。森山農水相も”じゃもじ”を手に一緒に作業を行いました。

 意見交換会では、茂原町長が東京都北区の学校給食と連携した食のリサイクルや有機農業の取り組みを紹介。JICA卒業生の若手農業者5人も就農のきっかけや、就農に必要な支援、今後の抱負などについて意見を述べました。森山農水相も熱心に耳を傾け、質問をしていました。

 今後も町では、農業支援や農業を通じた人づくり・まちづくり、交流人口の増加などを推進していきます。
 

 

このページへのお問い合わせ

総務課 秘書係
住所:〒370-2292 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡161-1
電話:0274-74-3131
ファクス:0274-74-5813

このページに対する皆さんの声を聞かせてください。

情報は役に立ちましたか?

その他ご意見があればお願いします。なお、回答が必要なご意見や事業の内容についてのお問い合わせは、
上の「メールで問い合わせ」からお問い合わせください。