ホーム > イタリア海外駐在員だより > イタリア海外駐在員だより Vol.50

イタリア海外駐在員だより Vol.50

最終更新日:2019年07月22日

イタリア・チェルタルド市から海外駐在員の便りをお届けいたします

 

 甘楽町海外駐在員、イタリア・チェルタルド市在住の稲葉美代子さんからの便りをお届けいたします。

 第50回のお話は、7月のチェルタルドの様子についてです。 


画像:チェルタルドパノラマ 

盛夏・7月の風物詩 ~In Certaldo~

 甘楽町の皆さま、ボンジョールノ! (  こんにちは !  )

 

 4年前に甘楽町海外駐在員を拝命し、それ以降イタリア海外駐在員だよりを寄稿させて頂いておりますが、回を重ね今月号で第50回となりました。いつも私の便りを読んで下さり誠にありがとうございます。この場を借りまして、読者の方々に心より御礼申し上げます。これからもイタリアやチェルタルドに関わる様々な事柄や様子をお伝えする便りをお届けできるよう努めたいと思います。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 約3週間程続いたアフリカの熱波の影響に伴う厳しい暑さから解放され、一転したドライな暑さが心地よく感じられるチェルタルドです。正直バテ気味でしたので、ありがたく思います。

 最近は蝉時雨が聞こえ、母国の夏をふと思い出すとともに盛夏の到来を心に感じる私です。そんな季節を迎えた今、チェルタルドでは、子どもの頃食べた懐かしいお菓子のコロンを想像させるような干し草の大きな塊が、丘陵地にゴロンと無造作に転がっている独特の田園風景やまちの近郊に広大なひまわり畑が出現し、7月ならではの風物詩を満喫できる今日この頃です。

 

 

  丘の上に転がる干し草の塊          7月を彩る広大なひまわり畑
丘の上に転がる干し草の塊 7月を彩る広大なひまわり畑

 

 

 また、チェルタルドの7月を語る風物詩として欠かせない「メルカンツィーアフェスティバル」が先週開催されました。今年で第32回目、会場の旧城郭区域のチェルタルド・アルトを埋めつくす来場者で大いに賑わい、盛り上がりました。チェルタルドを熱い情熱と冷めやまぬ陽気な空気に包み込むこのお祭りが来ると、「ああ~夏真っ盛りな7月だ」と思う私です。

 様子を見に会場へ足を運びましたが、メインストリートのボッカッチョ通りで炎のパフォーマンスや広場での音楽バンド演奏に合わせ、陽気に踊り楽しんでいた多くの人々の姿がとても印象的でした。

 

   炎のパフォーマンス     音楽バンド演奏の様子
炎のパフォーマンス 音楽バンド演奏の様子

 

 来年はまたどんな企画になるのか・・・ 今から楽しみです。

 

 

 

 

在イタリア・チェルタルド市                 

                                          甘楽町海外駐在員 稲葉美代子

 

稲葉美代子さんプロフィール

 愛知県出身。
 日本で大学院修了後、1997年シエナ外国人大学に留学、チェルタルド市に住み始め、以来チェルタルド市に在住。
 イタリア人男性と結婚し、現在は娘さんと3人家族。
 2013年チェルタルド市国際文化交流推進協会設立当初より入会。
 チェルタルド市で日本語講座を開催するほか、甘楽町との姉妹都市交流に携わって来た。
 2014年チェルタルド市の使節団団員として来町。
 2015年6月、甘楽町海外駐在員に任命。

このページへのお問い合わせ

産業課 商工観光係
住所:〒370-2292 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡161-1
電話:0274-74-3131
ファクス:0274-74-5813

このページに対する皆さんの声を聞かせてください。

情報は役に立ちましたか?

その他ご意見があればお願いします。なお、回答が必要なご意見や事業の内容についてのお問い合わせは、
上の「メールで問い合わせ」からお問い合わせください。