ホーム > イタリア海外駐在員だより > イタリア海外駐在員だより Vol.14

イタリア海外駐在員だより Vol.14

最終更新日:2016年06月24日

イタリア・チェルタルド市から海外駐在員の便りをお届けいたします

 甘楽町海外駐在員となったイタリア・チェルタルド市在住の稲葉美代子さんからの便りをお届けいたします。

 チェルタルド市にお住いの稲葉さんに海外駐在員をお願いし、まるまる1年が経ちました。様々な分野の交流においてお世話になりました。今では、甘楽町とチェルタルド市との姉妹都市交流において、欠かせない存在となっています。
 さて第14
回の駐在員だよりは、チェルタルドのシンボル「赤たまねぎ」が登場します。
どうぞご覧ください。
画像:チェルタルドパノラマ 

スミレ色と濃緑色 ~六月のチェルタルドの色~

濃緑色に覆われたチェルタルドの田園風景

濃緑色に覆われたチェルタルドの田園風景

 甘楽町の皆さま ボンジョールノ!

 六月。日本では梅雨の季節。長年この時期日本を離れているためか、あのどんよりしたグレー色の空やジメジメとした蒸し暑さ等、梅雨独特の気候に少しノスタルジーを感じる私です。

 去る6月4日、甘楽町海外駐在員の任務を拝命し1年が経ちました。新たな交流事業展開に関わる務めをこなすべく、無我夢中ながらもやりがいを感じ取り組んで参りました。多くの方々から温かいご支援とお力添えを頂きお世話になりこんにちの私がありますことに深く感謝申し上げます。


 甘楽町とチェルタルド市の交流の架け橋として、両市町の更なる交流発展に微力ながら寄与することができるよう精進して参ります。
 今後とも何卒よろしくお願い致します。

 このような想いを心に抱く六月ですが、私が暮らすチェルタルド市の近郊に広がる丘陵地は、斜面一帯に濃緑色の葉々の絨毯に覆われたブドウ畑の美しい田園風景が見頃を迎えております。

 また、既に12世紀のチェルタルド市の紋章に描かれていたと言われ、「チェルタルドのD N A」と地元の人々の間で認識されている有名な野菜の「たまねぎ」の今年初物が登場し、スミレ色をした小玉たまねぎの彩りに六月の季節感を感じる今日この頃です。 

        赤たまねぎ         

 紋章

 初物の赤たまねぎ

  チェルタルド市の紋章

                                          
                                                     
在イタリア・チェルタルド市
 
                                            甘楽町海外駐在員 稲葉美代子

 

 

稲葉美代子さんプロフィール

 愛知県出身。
 日本で大学院修了後、1997年シエナ外国人大学に留学、チェルタルド市に住み始め、以来チェルタルド市に在住。
 イタリア人男性と結婚し、現在は娘さんと3人家族。
 2013年チェルタルド市国際文化交流推進協会設立当初より入会。
 チェルタルド市で日本語講座を開催するほか、甘楽町との姉妹都市交流に携わって来た。
 2014年チェルタルド市の使節団団員として来町。
 2015年6月、甘楽町海外駐在員に任命。
 

このページへのお問い合わせ

企画課 企画調整係
住所:〒370-2292 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡161-1
電話:0274-74-3131
ファクス:0274-74-5813

このページに対する皆さんの声を聞かせてください。

情報は役に立ちましたか?

その他ご意見があればお願いします。なお、回答が必要なご意見や事業の内容についてのお問い合わせは、
上の「メールで問い合わせ」からお問い合わせください。