ホーム > イタリア海外駐在員だより > イタリア海外駐在員だより Vol.3

イタリア海外駐在員だより Vol.3

最終更新日:2015年07月30日

イタリア・チェルタルド市から海外駐在員の便りをお届けいたします

 姉妹都市イタリア・チェルタルド市在住の甘楽町海外駐在員 稲葉美代子さんからの便りをお届けいたします。

 第3回は、チェルタルド市夏の祭典「メルカンツィーア」のお話しです。甘楽町海外駐在員である稲葉さんはチェルタルド市から招待を受けたそうです。どうぞご覧ください。

メルカンツィーア フェスティバル ~中世の面影を残す街を熱く彩る国際大道芸の祭典~

プレトリオ宮殿前のパフォーマンス

プレトリオ宮殿前のパフォーマンス

ボッカチオ通りでのパフォーマンス

ボッカチオ通りでのパフォーマンス

ヴァイオリンによるパフォーマンス

ヴァイオリンによるパフォーマンス

ボッカチオ広場(市役所前)の様子

ボッカチオ広場(市役所前)の様子

 甘楽町の皆さま 暑中お見舞い申し上げます。

 夏本番を迎え、厳しい暑さが続く頃となりましたがいかがお過ごしでしょうか。こちらイタリアも「ここはアフリカの一部になったのだろうか」という錯覚を覚えるような猛暑が続いております。

 過日7月15日から5日間、チェルタルド市が誇る夏の一大イベントである国際大道芸の祭典が開催されました。「メルカンツィーア」という名のフェスティバル。今年で28回目を迎え、「10の方角」というテーマをイタリア国内外から集結したプロの大道芸人達が、大地・水・火・空気を素材にオリジナルにイメージし、表現し、道路や広場で演劇やパフォーマンスを演じるため、生きた芸術に直に触れることができる醍醐味が訪れる者の心を魅了してやまない祭典であると言えましょう。

 その舞台となるのが、小高い丘の上にある中世時代の面影を残す集落・チェルタルドアルト。小さな集落の道々を埋め尽くす程の大勢の人達が押し寄せます。

 私が足を運んだ夕べも、一際多くの人々で溢れていたボッカッチョ通りのあちこちに、眼を惹きつける大道芸人達がオリジナルパフォーマンスや見ごたえある演劇を披露していました。迫力満点で、気が付いた時にはカメラを向け写真を撮っていた私。中世の集落を熱く彩る国際大道芸の祭典の空気をダイレクトに吸い込み、とても楽しい夏の夕べのひと時を過ごすことができました。

 また同時に下の街のメインストリートや中心広場では、全てハンドメイドのアクセサリー、洋服や絵画、さらにオリジナルな掘り出し物が見つかる蚤の市も開催されるため、合わせて訪れる観客達の興味関心を集めているといえるでしょう。5日間で延べ27,000 人以上の来場者が訪れ、毎晩100以上の芸や演劇が演じられた今年のメルカンツィーアフェスティバル。

 来年はまたどんな大道芸の色や味に触れ、新たな魅力を肌で感じることができるのか・・・そんなことを心に思っている今日この頃であります。

 

                                 
                                   
在イタリア・チェルタルド市
                                   甘楽町海外駐在員  稲葉美代子

 

                                    

稲葉美代子さんプロフィール

 愛知県出身。
 日本で大学院修了後、1997年シエナ外国人大学に留学、チェルタルド市に住み始め、以来18年間チェルタルド市に在住。
 イタリア人男性と結婚し、現在は娘さんと3人家族。
 2013年チェルタルド市国際文化交流推進協会設立当初より入会。
 チェルタルド市で日本語講座を開催するほか、甘楽町との姉妹都市交流に携わって来た。
 2014年チェルタルド市の使節団団員として来町。
 2015年6月、甘楽町海外駐在員に任命。
 

このページへのお問い合わせ

企画課 企画調整係
住所:〒370-2292 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡161-1
電話:0274-74-3131
ファクス:0274-74-5813

このページに対する皆さんの声を聞かせてください。

情報は役に立ちましたか?

その他ご意見があればお願いします。なお、回答が必要なご意見や事業の内容についてのお問い合わせは、
上の「メールで問い合わせ」からお問い合わせください。